プロフィール

山口裕美コンテンポラリーアートラボについて 

 1996年からSo-netの会員向けコンテンツとしてスタートしたトウキョウトラッシュが、新しいステージにステップアップするために「山口裕美コンテンポラリーアートラボ」に生まれ変わりました。

 英語で出版された「Warriors of Art」を発売した直後から、海外からの問合せが多くなり、個々のアーティストが対応するのは大変になったことが大きな理由の1つです。つまり、紹介だけして、その後のいろいろな展開をそのまま手助けせず、チャンスを傍観していていいのだろうか、と思ったからです。それでアーティストのマネージメントを行うことにしました。

 実は、私が今まで活動してきたことと、あまり変化はありませんが、ボランティアではなくビジネスにしようと心に決めました。 また私に対して、アドバイザーや講演の依頼が増えたことも理由の1つです。

 おそらく現代アート、日本の現代アートに追い風が吹いているのだろうと思っています。ART=LIFE、アートは生活そのものであり、現代アーティスト達の表現は私達、生活者に彩りを与えるものです。展示スペースは持っていませんが、アーティスト達といろいろなアイデアを出し合い、より多くの方に、本物の現代アート作品が届くような活動を目指して行こうと思っています。失敗をしながらでも、改良を重ねて、より良い方向へ進むことを考えて、ラボ、と名付けました。一生懸命頑張りたいと思っています。現代アート作品のある場所でお会いしましょう! (山口裕美)

 

お問合せ

 

 

山口裕美(やまぐちゆみ) 

アートプロデューサー。 アーティストをもっとも近くから応援するその活動から「現代アートのチアリーダー」の異名を持つ。96年からウェブサイト、TOKYO TRASHを主宰。
玉川大学経営学部非常勤講師
女子美術大学芸術学部非常勤講師

Animals save the art gallery(北京)ディレクター
MUSUBI: tokyo art project office founder
アート系NPO法人・芸術振興市民の会(CLA)理事
eAT金沢99総合プロデューサー
ARS ELECTRONICA2004 ネットビジョン審査員
劇的3時間SHOWキュレーター

著書
最新著書 「観光アート」(光文社新書 2010/10/15)
「TOKYO TRASH web the book」(美術出版社)
「現代アート入門の入門」(光文社新書)
「Cool Japan-疾走する日本現代アート」(BNN新社)
「芸術のグランドデザイン」(弘文堂)
「Warriors of Art」(講談社インターナショナル)
「The Power of Contemporary Art」(アスキー)

山口裕美近影 写真撮影:三橋純

写真撮影:三橋純

 

連載中(2011年8月現在)

参加活動

NPO活動