プロデュース

石塚隆則「霊獣」展

山口裕美プレゼンツ:石塚隆則「霊獣」展 終了しました
会期:2009年9月4日(金)−9月19日(土)
会場:nca | nichido contemporary art

 

「霊獣」展によせて

かつて日本は森だらけであった。私達の祖先にとっての森は、神聖であり、かけがえのない場所だったのだ。森には宮崎駿の描く豊穣な里山や小説「月山」のような厳格な山、さらには中上健次や折口信夫の描く日本の魂の原点的イメージもある。人智を超えた奥深い神聖な魅力を持ち、命のスープをたぎらせる場所。私が住んだフランクフルトの北側には鬱蒼とした森のタウナス山があり、散歩に行くことを意味するSpazieren gehenは、哲学的思考をするニュアンスを含んでいた。けれども、現在の東京では、散歩は街歩きのことだし、思索に耽ること自体が失われつつある。魑魅魍魎が徘徊する森が懐かしい。
石塚隆則は画家として知り合った。ところが、このところずっと木彫に集中していて、スタジオを訪問して言葉を失った。奇妙な動物達が肩を寄せ合うように立ち往生していたからだ。彼らは間違いなく「森」からやってきていた。生々しく生命力の強そうな、不気味で狡猾な、愛らしい生き物達。本能のままに生き、喰らい、孕み、生み、死んでいく動物達は石塚隆則の手で、命を点けられた。久しぶりの泥臭い木彫の登場はncaをひとときだけ「森の出張所」にするだろう。

山口 裕美

【データ】
山口裕美プレゼンツ:石塚隆則「霊獣」展
会期:2009年9月4日(金)−9月19日(土)
オープニングレセプション:2009年9月4日(金)18:00-20:00
会場:nca | nichido contemporary art
Web site: http://www.nca-g.com/

展覧会プレスリリース(PDFファイル)>